ダブルベッドの解体のことなら

ダブルベッドの解体と組立について

引越しすることが決まり、引っ越し業者をどこにしようかと考えたり、運ぶ家具や荷物をどうするか考えたりしていると、

 

 

「ダブルベッドを引っ越すときって、解体や組立ってどうするんだろう?」と、思ったはずです。

 

 

引っ越しで一番大きな家具といえばダブルベッドになりますから、まずはこいつをどうするか考えますよね。
これだけ大きいものが玄関や寝室のドアを通ったわけもなく、購入したときは業者が来て組み立ててくれたはずのダブルベッド。
年数の経過もあってか、そこら辺もうろ覚えかもしれませんが、業者が組立をしたに違いありません。

 

とすると、引越しするならダブルベッドは解体しなければなりません。

 

ダブルベッドの解体と組立の面倒くささと労力はかなりのものです。

 

でも大丈夫です。
「ダブルベッドの解体や組み立てなんて、できないよ」と思った方は安心してください。

 

 

ダブルベッドの解体と組立は、引っ越し業者がやってくれます。

 

 

ダブルベッドの引っ越し相場は約10000円くらいです。
基本的にはダブルベッドの引っ越し料金は解体と組立までが含まれている値段設定になっているのですが、
業者によっては解体と組立が別料金のところもあるのでそこはしっかり確認しましょう。

 

なかには、

 

自分で解体と組立するからできるだけ引っ越し料金を安くしたい

 

という方もいるでしょうが、あまりおススメはしません。

 

ダブルベッドの解体はできたとしても組立に手こずる場合が多いからです。

 

パーツをバラバラにして引っ越し先で組み立てるわけなので、ただでさえいろんなことで頭がいっぱいになっちゃう引っ越しのときにダブルベッドだけに時間を割いてられないからです。
引越業者はダブルベッドの解体や組立は慣れたものなので、かなり作業が早いです。

 

おそらく自分でやるより10倍は時間短縮できるのではないでしょうか。

 

また、自分でダブルベッドの解体をしたとしてもマットレスは解体できないので、相応の引っ越し料金は取られてしまいます。お金をケチってやること自体が無駄なことですし、やったとしても大変な思いをすることになるでしょう。

 

 

例外として、ダブルベッドでも解体できないものもあります。

 

海外製品に多いのですがフレームやマットレスが解体できないダブルベッドも存在します。

 

 

解体できないダブルベッドの場合は、窓を取り外して運び出すか、2階以上の場合はクレーン車などを使って運び出すことになります。
クレーン車を使うと費用も50000円くらいは掛かります。これは、引っ越し業者がクレーン車を所有しているわけではなく、提携している外部業者に委託するというかたちを取るため金額も高額になるのです。

 

また、運び出せたけど引っ越し先にベッドが入らない、アパートやマンションの目の前の道が狭くてクレーン車が入れない、といった場合はダブルベッドの引っ越しができません。
その際は新しいダブルベッドを購入するしか他ないでしょう。

 

 

なによりもまずは業者選定を急ぎましょう!

 

一番大きい家具であるダブルベッドの解体と組立を引越業者がやってくれることがわかったら、引越業者の選定を急ぎましょう。引越日にギリギリになればなるほど業者選びがどんどん狭まられてしまいますし、引越料金も比べることができなくなってしまうからです。
ほかにもダブルベッドに次ぐ大型家具であるタンスや食器棚などの大きいものをチェックして、細かい荷物は段ボール何箱くらいかおおまかにチェックして、一括見積ができるところで業者選定をして、引越のスケジュールをスムーズにそして引越を1円でも安く済ませましょう!

 

 

引越し料金を最大50%安くできるサイトはこちら