引越しの一括見積りで気を付ける3つのポイント

引越しの一括見積りで気を付ける3つのポイント

依頼したい作業、荷物量は「正確」に入力する!

 

引越しの一括見積りサイトでをよくあるトラブルのひとつに、

 

「概算見積りと訪問見積りの値段が全然違う!」ということがあります。

 

せっかく一番安くやってもらえるところに訪問させて見積りさせたのに、

 

最初の概算見積りと比べて値段が全然高くなってしまっては一括見積りサイトを利用した意味が全くありません。

 

引越しを安く済ませたいという理由で一括見積りサイトを利用しているのなら、

 

依頼したい作業と荷物量は「正確」に入力しないといけません。

 

引越し業者が概算見積りを出すための情報源は、あなたが入力したものしか今のところは無いからです。

 

ここで適当な荷物量を記入すると、あとで全然違う金額の見積りになってしまうことがほとんどです。

 

なのでパソコンやスマホで見積もり依頼の入力箇所に適当に数字を入れたりする前に、部屋中しっかり目で確認して紙に書き起こして荷物量を把握してください。

 

 

引越し日、引越し時間にできるだけ融通を効かせる!

 

引越し日の候補がいくつかある、または取れる、という状況であれば、それは安い引越し業者が選べる、という好条件です。

 

また引越し日の候補をいくつか出すというのが難しくても、引越し作業時間はできるだけ幅を持たせることをおススメします。

 

「午後1時〜2時のあいだ」といったように正確に指定すると指定料金が取られることがほとんどなので、

 

「午後〜夕方くらい」といった感じで時間の幅をもたせてください。

 

そうすれば引っ越しがかなり安くできる可能性があります。

 

引越しの作業は、時間を指定したとしても自分が考えている時間に終わらないということがほとんどです。

 

引越し日は、1日まるまる引っ越し作業で終わる日と考えて時間も融通を効かせるようにしてください。

 

 

訪問見積りを1社に絞らない!

 

一括見積りサイトで概算見積りが何社から来たら、次は訪問見積りです。

 

この訪問見積りでも、最低でも2社には来てもらいましょう。

 

それは概算見積りとのミスマッチを防ぐことと、

 

訪問見積りでの正確な値段やサービス内容がわかり、比べられるからです。

 

1社だけに来てもらうだけでは、結局は向こうの言うままになってしまうので、

 

必ず2社、できれば3社くらいには訪問見積りに来てもらうことをおススメします。

 

 

引越し料金を最大50%安くできるサイトはこちら