ラクラクパックのことなら

ラクラクパックを頼んだが、おじさんがすべてやってくれたこと!

幼子をかかえて主人の転勤が決まり、急きょ引越しすることになった際のことです。

 

会社で業者も手配、子連れということで、いわゆるラクラクパックを手配してくれたのですが
結局、私の箪笥やクローゼットの中もすべて、引っ越し業者のおじさんが箱詰めしてくれることになり、
無造作に、ワンピースやスーツなどをどんどんパッキングしてくれました。
そのうち、下着などの整理ダンスにとりかかりそうになったので、さすがに、
「そこは、自分でやりますので結構です。」と一言お願いし、結局自分で手配することになりました。

 

ラクラクパックといっても、結局他人がやってくれるので、何がどこにあるのかわからなくなるし
貴重品や下着などの見られたら困るものは自分でパッキングするので、楽なようで手間がかかるのが実情です。

 

また、記念のワイングラスやバカラなどブランド物の花瓶、お茶の道具など、他人にとったら
あまり価値のないものでも、自分にとったら大切な物は、業者の方に「もっと丁寧に梱包してください。」など
チェックを入れながら引越し準備をしたので、とても大変でした。

 

途中に子供がぐずるし、作業のおじさん達がいる中をおむつ替えをしたり、授乳をしたりと
子連れ引越しは本当に大変でした。

 

また、新居についてからも、ラクラクパックなので、荷解きを手伝ってくれるのですが
食器などは、そのまま、食器棚に無造作に置こうとするので、一旦ダイニングテーブルに全部
広げてもらい、結局、洗って全部自分で片づけました。

 

ラクラクパックといっても、自分でやることがたくさんある、と心づもりされる方がいいです。

 

 

引越し料金を最大50%安くできるサイトはこちら