IKEA家具の解体のことなら

IKEA家具は解体できない?

 

スウェーデン発の家具ブランド「IKEA」の家具は、引っ越し業者は解体してくれません!

 

IKEA家具を一度でも組み立てた方ならわかると思いますが、IKEAの家具はもともと解体を考慮した設計になっていません。

 

と言うのも、直接家具板にネジを埋め込むタイプなので、それを再度埋め込むことができないので、解体をしても組立がうまくできないのです。

 

ネジを再度埋め込む用のボンドなんかもホームセンターで売ってるみたいですが、引越業者はそこまでやってくれません。

 

もしIKEAで買った大型家具を引っ越しさせたいなら、今の場所から運び出せるか?引っ越し先に入れられるか?を確認しましょう。

 

それでもって無理そうな場合に関しては、今あるものは壊すか解体して、また新しいものを買うしかないですね。

 

 

引越業者が大嫌いなIKEA家具

 

 

IKEAの家具はオシャレだしホームセンターよりも安いしで、家具をIKEAで揃えたという方も最近かなり多いみたいですが、

 

IKEAの家具の引っ越しは業者からかなり嫌われるみたいです。。

 

その理由は、「重いから」です。

 

普通の家具であれば上下から合板を貼りつけた中空の太鼓張りなので、重さも見た目通りといった感じですが、

 

IKEAの家具はなんせ重いのです。

 

重い理由は、IKEAの家具の中身はチップやおが屑を固めたパーチクルボードを使っているからです。

 

その結果作りの重厚感や耐久性が良くなったんですが、転倒したときなどはとても危険ですし、それを移動するとなると大変な労力を要することになってしまうんですね。

 

 

安くてデザインが良いからと買ってしまったIKEA家具ですが、引越しにはかなり不向きな家具ということになります。

 

もしまたIKEAに行く場合は、そういうことも考えながらお買物することをおススメします。

 

安さの秘密のなかにはいろいろと事情があるみたいですからね。

 

 

引越し料金を最大50%安くできるサイトはこちら